未来が変わった実例集

恐怖心との別れ  (桐畑恵子 会社員)

  • 「今夜も吐いたらどうしよう」
    20代後半の頃から、夕食をとって約6時間経つと、胃痛で目覚めるという日が何度もありました。
    そのせいで、一日の終わりが怖かったです。いつ、何を食べたら痛くなるのかが分かりませんでしたから。
    母はそんな私を心配し、食事療法を学びに行ってくれたり、自分なりに調べたりしてご飯を用意してくれました。
    母の気遣いが込められた料理は安心して食べられましたが、だからと言って胃痛に襲われないとは限りません。
    一度、やわらかめに茹でてくれたソバで胃痛を起こしたときは、「こんなものででも?」とショックでした。
    胃痛をどう治していたかというと、無理矢理指を突っ込んで、吐く。胃が空になるまで。
    私の人差し指と中指の付け根には、いつも前歯の跡がありました。

    胃痛に悩まされながら激務をこなしていた7年目のある日、突然手が震え出したと思ったら、体が言うことをきかなくなり、退職。その後のただ時間だけが流れていく毎日は、“社会からの落第者”を彷彿とさせました。
    何とかして復帰への糸口をつかみたいと、自己啓発本、心理学に関する本、スピリチュアル系の本を何冊も購入し、1年間読み続けました。
    でも、その頃の私は超ネガティブ思考で、著者と自分を比較して、「どうせ私はあなたのようにはなれません」と自己完結したり、ファッション雑誌を見ても、地味でダサイ私は、お店を遠くから眺めるので精一杯「どうせ私なんて、オシャレで美しい世界はふさわしくありませんので」と思ってしまう始末。
    すでに家にあった本、新たに買った本、あわせて3ケタになりそうなころ急に心が冷め、学生時代からコツコツ集めてきたそれらの本をヒモで縛り、考え直してほどいて●OOK●OFFに持って行き、懐を温めました。

    思い返すと、本を読んでいて浮かんだ感情は「もともと能力が高い人に言われても」。
    勉強もできないし、社会のはみ出し者の私には、あなたたちの言葉はうさん臭い。私に対して発せられた言葉ではなく、あくまでも万人向けなんだし。私がいる場所にその声は届かない。
    「どうせ私なんて、しょせん底辺族。一流の使い捨て要員です」・・・
    当時思ったことを書き上げてみたら、呆れるほど批判根性満載。だからあれだけ読んだ本の内容を全く覚えていないのです。


    手放した本の内容が腑に落ち始めたきっかけは、知人の紹介でルポマルディに出会い、神田さんの施術を受けるようになってからです。神田さんは、デトックスの施術中にまるで読み聞かせのように自分が経験してきた様々な話をしてくれます。それを何度も聞いてきたせいか、この頃、ふと本で読んだ内容を思い出すようになりました。

    つまり、やっと7年前に読んだ本の内容が、腑に落ち始めたのです。つくづく反省しました。結局、私に著者の真意を読み取れる力が足りないのを、人のせいにしていただけなので。お恥ずかしい。

    ちなみに胃痛は、調子に乗って食べ過ぎたときにしか起こらなくなりました。
    病院で精密検査をしてもらっても、原因不明で漠然としたアドバイスしかもらえず、栄養失調になってしまったほどだったのに。これも、神田さんが“正しい努力の仕方”を教えてくれ、“安心感を与えてくれた”おかげです。

    しかしルポマルディを訪れた頃の私は初めから神田さんを信用していた訳ではありません。ヒプノセラピーを2回続けた後、神田さんのすすめでデトックスに切り替えたときも、言われた通りにしたのは、ただ単に「何を信じればいいかが分からなくなっていた」からで不信感を抱きながら施術を受けていたのを思い出します。
    そんな私でしたが、神田さんの熱く、火傷しそうなほどの真剣なまなざしと、慈悲的な思いに触れていくうちに心の氷が少しづつ溶けはじめ、通い始めて4年目にしてやっと「お金だけが目的の人ではない」と痛感し、「信じてもいい人なのかな」と思えるようになりました。

    神田さんのアドバイスと施術を受けるようになって6年目になりますが、現在では、ご飯がおいしいと思えるようになるまで回復。痛いときは味を楽しむ余裕なんてありませんから。
    ついでに批判根性もおさまりつつあり、「これは想定能力だ」と、考えを切り替えられるようにもなりました。
    正しいポジティブ思考のおかげで、何をやっても満たされなかったネガティブ思考時代に比べたら、楽に過ごせています。
    私もそうでしたから言えますけど、世の中には間違った認識のポジティブ思考をしている方が多いですよね。
    お得ですよ正しいやり方は。安上がりな内容で幸せな気分になれますから。

    私は6年間ずっと岐阜から京都まで通 っていますが、その距離が遠いと全く思わないほど、温かいサロンです。
    最後にこのコラムを読んでいるあなたとルポマルディでいつかお会いできることを楽しみに しています。

バックナンバー

女の特権、新しい自分を生み出す! (村山陽子 公務員)

私の育った家庭は、外面は普通の家族。 けれど内実は荒廃しきっていました。そこで私に刷り込まれたものは、「女性になりたくない」という意識。祖母や母といった、 私が最も身近に感じていた女性像は余りに受け入れがたく、成長と共に「女」に近づけば近づくほど実父の言動に危険を感じる。
「女性であることの喜び」を育むにはまさに劣悪な環境でした。「女性である」ということ以前に、「私は尊厳をもった人間である」という意識を育むことすら、難しい環境でした。

18歳で家を出て、20歳で資格試験をパスして就職。自分の食いぶちを自分で稼げるようになって心底安心した時、押し殺し無きものとしていた過去の記憶に、私は襲われました。
溜め込んでいたストレスは私の身体を蝕み、様々な病を負うことになりました。死を身近に感じた時、そこに転換点がありました。このまま治療をせず死ぬか、血反吐を吐いてでも諦めずに生きるか。
--私は生きる事を選択しました。闘病生活は、5年続きました。
そして家を出てから8年後、私はありきたりな日常の、変わらない毎日を手に入れていました。人間として生き、生きることを楽しみながら日々を送ることができるようになっていました。ああやっと、心底笑って生活できる。その喜びに浸りながら、いつしか新しい課題を見つけていました。
私は人間として楽しく生きているけれど、“女として”生きてはいない、と。

私には、自分が女性であるという認識が薄い。 男性を異性として認識することがほとんどと言っていいほどない。もちろん、自分が女性であるという事実は知っていましたので、“女性”という役割を表面上演じることはできましたが、心の底から実感しているわけではありませんでした。
「性別」を意識しないことで、相手をただ人間と意識することで、私は手付かずだった恐怖心「女性になるのは嫌だ」を誤魔化していたのです。
「女らしく装うことは男に媚を売ることだ」なぜなら女の子らしくすれば、小学生に上がったばかりの頃から祖母に放送禁止用 語で罵られてきたから。
「女として見られることは怖い」女らしく美しく魅力的になれば、自分の体が危険にさらされてきたから。
けれど、「女として魅力的な人は羨ましい」という意識もまた、同時に存在していました。それは私が「女として魅力的になりたい」という望みを持っている証拠でした。

「女として魅力的になりたい」という望みは、「人間として魅力的になりたい」と同列に健全な願いです。
「嫌だ」「怖い」と思うことは、 過去の傷から来る歪みです。その板ばさみになりました。ここで自分の歪みを直さなければ、私は残る一生をずっと板ばさみのまま生きることになる--。残りの人生は、平均寿命で逆算すれば50年以上あります。今までの人生の二倍近い時間を、自分の本心を誤魔化したまま生きるのか?それは、嫌だ!

今の私に必要なもの。それは、女として生きる自信でした。
それを得るためには何が必要なのか、考えました。 装うことを知らない劣等感は、装い方を知ることで自信に変えられる。女とし扱われることの不安は、女性として尊重されれば解消される。そのようになるためには、どうしたらいいのか?「自分を美しく魅力的に変化させ、女性であることを楽しむ」
プロのアーティストに一回メイクしてもらって写真をとってもらって「いざとなれば私もこれぐらい!」じゃ足りない、と思いました。「常に自分で自分を魅力的にできる」方法を探さなければ。真っ先に思いついたのは、「メイク技術を習う」でした。そして私はいろいろインターネットを検索し、(たぶんこのページを読んでいる方々と同じように)たまたまルポマルディのサイトを見つけました。同種のサイトとは確実に何かが違う--優しく柔らかい“癒し系”とは一線を画した、力強さと芯の強さを感じました。ココだ。 強烈な引力を感じました。“ここには、私の求める何かがある”

初めてお会いした神田先生は、やはり今まで出会ってきた女性達とは一線を画したエネルギーを持っていました。
この人なら、どんな馬鹿らしい小さな望みも、いまさらで陳腐な悩みも、どんなに密度の濃い感情も、受け止めで情熱に変えて、エネルギーとして私に返してくれる。そんな 直感がありました。そしてその直感は、確かに正しかったのです。
神田先生は、私の話を全て聞いてくれました。私が“女性として生きる”ために越えなければならない壁の大きさも、説明しなくとも理解してくれていました。
「大丈夫、私に任せて!! 一緒に頑張りましょうね!」…それも本心からの言葉だと不思議に信じることが出来たのです。
メイクレッスン第一回、ベースメイク。化粧の基礎の基礎です。一週間の期間をあけて第二回を行う予定でしたが、私の精神状態は大いに乱れました。ただほんの少し女を磨く。それだけなのに私の心は恐怖と不安にさいなまれました。
「大丈夫よ。ゆっくり、よーこちゃんのペースでいきましょう。大丈夫よ」SOSを受け止めてくれた先生は、小さな一歩を踏み出した新しい世界に私が慣れるまで、ゆっくりと付き合ってくれました。私が変化する勇気を持ち続けることが出来たのは、神田先生の持つエネルギーに共鳴していたお陰です。

初めてルポマルディを訪れてから、約10ヶ月。ようやく全てのレッスンを終えました。
万人向け雑誌では対応しきれない“私個人”を魅力的にするテクニックと共に、笑い話や人生トークを交わしながら、神田先生の強烈なエネルギーを注ぎ込まれた10ヶ月でした。
さて、私の何が変わったか?
外見は大きく変わりました。久しぶりに会った人には気付かれないほどに。
日常的に接している周囲は、変化がゆっくりだったせいもあるのか、あまり変化はありません。モテるようになったか?と言われれば、相変わらず私は鈍感なのでよくわかりません。けれど、周囲や外見が変わることより私にとってもっと重要な、大切な変化がありました。
それは、内面の変化です。人から「綺麗になったね!」と言われた時、まだうろたえてしまうけれど、不安定にはならない。否定的な態度で受け止めることもない。気恥ずかしさと嬉しさがごちゃ まぜになって、微笑みもぎこちないけれど、そう、まるで私は今、“女性”として生まれたばかりのような気持ちなのです。
新しい世界はとても新鮮で、好奇心を抑え切れません。“よちよち歩き”でよく転ぶけれど、決して怖くはないのです。私の女性としての成長を、神田先生は見守ってくれることでしょう。時には叱り、時には千尋の谷に突き落としながら(笑)
もし、このサイトを読んで“何か”を感じるなら、その直感を信じて下さい。自分の本能が惹かれるものに、近づいて下さい。変化を望んで下さい。勇気を出して、行動を起こして下さい。そして、 ルポマルディの扉を開けてみて下さい。
それはあなたが人知れず望んでいた、新しい世界に通じる扉の一つ。 新しい自分に出会える、チャンスの一つなのです。