未来が変わった実例集

恐怖心との別れ  (桐畑恵子 会社員)

  • 「今夜も吐いたらどうしよう」
    20代後半の頃から、夕食をとって約6時間経つと、胃痛で目覚めるという日が何度もありました。
    そのせいで、一日の終わりが怖かったです。いつ、何を食べたら痛くなるのかが分かりませんでしたから。
    母はそんな私を心配し、食事療法を学びに行ってくれたり、自分なりに調べたりしてご飯を用意してくれました。
    母の気遣いが込められた料理は安心して食べられましたが、だからと言って胃痛に襲われないとは限りません。
    一度、やわらかめに茹でてくれたソバで胃痛を起こしたときは、「こんなものででも?」とショックでした。
    胃痛をどう治していたかというと、無理矢理指を突っ込んで、吐く。胃が空になるまで。
    私の人差し指と中指の付け根には、いつも前歯の跡がありました。

    胃痛に悩まされながら激務をこなしていた7年目のある日、突然手が震え出したと思ったら、体が言うことをきかなくなり、退職。その後のただ時間だけが流れていく毎日は、“社会からの落第者”を彷彿とさせました。
    何とかして復帰への糸口をつかみたいと、自己啓発本、心理学に関する本、スピリチュアル系の本を何冊も購入し、1年間読み続けました。
    でも、その頃の私は超ネガティブ思考で、著者と自分を比較して、「どうせ私はあなたのようにはなれません」と自己完結したり、ファッション雑誌を見ても、地味でダサイ私は、お店を遠くから眺めるので精一杯「どうせ私なんて、オシャレで美しい世界はふさわしくありませんので」と思ってしまう始末。
    すでに家にあった本、新たに買った本、あわせて3ケタになりそうなころ急に心が冷め、学生時代からコツコツ集めてきたそれらの本をヒモで縛り、考え直してほどいて●OOK●OFFに持って行き、懐を温めました。

    思い返すと、本を読んでいて浮かんだ感情は「もともと能力が高い人に言われても」。
    勉強もできないし、社会のはみ出し者の私には、あなたたちの言葉はうさん臭い。私に対して発せられた言葉ではなく、あくまでも万人向けなんだし。私がいる場所にその声は届かない。
    「どうせ私なんて、しょせん底辺族。一流の使い捨て要員です」・・・
    当時思ったことを書き上げてみたら、呆れるほど批判根性満載。だからあれだけ読んだ本の内容を全く覚えていないのです。


    手放した本の内容が腑に落ち始めたきっかけは、知人の紹介でルポマルディに出会い、神田さんの施術を受けるようになってからです。神田さんは、デトックスの施術中にまるで読み聞かせのように自分が経験してきた様々な話をしてくれます。それを何度も聞いてきたせいか、この頃、ふと本で読んだ内容を思い出すようになりました。

    つまり、やっと7年前に読んだ本の内容が、腑に落ち始めたのです。つくづく反省しました。結局、私に著者の真意を読み取れる力が足りないのを、人のせいにしていただけなので。お恥ずかしい。

    ちなみに胃痛は、調子に乗って食べ過ぎたときにしか起こらなくなりました。
    病院で精密検査をしてもらっても、原因不明で漠然としたアドバイスしかもらえず、栄養失調になってしまったほどだったのに。これも、神田さんが“正しい努力の仕方”を教えてくれ、“安心感を与えてくれた”おかげです。

    しかしルポマルディを訪れた頃の私は初めから神田さんを信用していた訳ではありません。ヒプノセラピーを2回続けた後、神田さんのすすめでデトックスに切り替えたときも、言われた通りにしたのは、ただ単に「何を信じればいいかが分からなくなっていた」からで不信感を抱きながら施術を受けていたのを思い出します。
    そんな私でしたが、神田さんの熱く、火傷しそうなほどの真剣なまなざしと、慈悲的な思いに触れていくうちに心の氷が少しづつ溶けはじめ、通い始めて4年目にしてやっと「お金だけが目的の人ではない」と痛感し、「信じてもいい人なのかな」と思えるようになりました。

    神田さんのアドバイスと施術を受けるようになって6年目になりますが、現在では、ご飯がおいしいと思えるようになるまで回復。痛いときは味を楽しむ余裕なんてありませんから。
    ついでに批判根性もおさまりつつあり、「これは想定能力だ」と、考えを切り替えられるようにもなりました。
    正しいポジティブ思考のおかげで、何をやっても満たされなかったネガティブ思考時代に比べたら、楽に過ごせています。
    私もそうでしたから言えますけど、世の中には間違った認識のポジティブ思考をしている方が多いですよね。
    お得ですよ正しいやり方は。安上がりな内容で幸せな気分になれますから。

    私は6年間ずっと岐阜から京都まで通 っていますが、その距離が遠いと全く思わないほど、温かいサロンです。
    最後にこのコラムを読んでいるあなたとルポマルディでいつかお会いできることを楽しみに しています。

バックナンバー

ヒプノセラピーが拓いてくれたこと (木村幸子 会社員)

30代後半にもなるのに交際歴なし。容姿に対するコンプレックスは子供の頃から。「お姉キャラ」で明るく振舞ってはいても、友人の結婚や出産の話を聞くたび、女性として愛されたことのない我が身を振り返って涙にくれることもしばしば。友人たちは「自信を持って」と励ましてくれるけど、いちども好きになってもらったこともなくて、どうやって自信を持てっていうの??
それがルポマルディに通い始める前の私。それでも何か努力しなくちゃ、まずはメイクを習ってみようか、とネッ卜で検索してたどり着いたのがこのサイ卜。私を強く捉えたのは、神田先生が努力で劣等惑を克服されたということでした。
静岡在住のため京都まで行くことには迷いがあったのですが、この先生ならメイクの技術だけでなく何かヒン卜をもらえそうな気がして、ルポマルディのドアを叩くことにしたのです。

それから半年余り。私は6回のメイクアップレッスンを終え、自分に合ったメイクの方法を身につけていました。わたし史上最高にきれいな写真も撮ってもらいました。でも。私の場合はそれだけでは変われなかったのです。私としては最高でも、他の女の子と比べたらやっぱり敵わない…。「魅力ある」なんてたまに褒めてもらうことがあっても、「きれいじゃないからそう言うしかないんだろう」と思ってしまう始末。歪んでいることは頭ではわかっても、心が感じてしまうことはコントロールできない。
だけど、私並みの容姿でも幸せになっている人はきっとたくさんいるはず。だとすると、本当に問題があるのは容姿じゃなくて、心ぐせのほうなのでは… ?

ちょうどその頃、神田先生がヒプノセラピーを始められたのを知りました。「催眠療法」なんてなんだか恐ろしげな名前だし、自分の中の汚いものが出てきちゃったらどうしようという不安もありました。でも、先生を信頼できることはそれまでによくわかっていたし、この心ぐせと向き合うため、思い切って受けてみることにしたのです。

当日はまず力ウンセリングでセッションの内容を決めました。私は今の人生の目的や課題を知ることができる過去世に誘導してもらうことにしました。いよいよセッションです。リクライニングチェアにゆったりと座り、時間をかけて呼吸を整え、リラックスしていきます。そして過去世へ。全く意外なことに私は中世ヨーロッパの修道士でした。どうやら捨て子で、家族や外の世界を知らずに育ったらしい。
戒律を破って外に妻と子がいたけれど、結局一緒に暮らすことはできないままでした。好きこのんで修道士になったわけではなかったので、心の底では戒律に反発しつつもその気持ちを抑え込み、深いあきらめとともに生きた人生でした。次にハイヤーセルフに会えるよう誘導してもらいました。見えたのはインドの女神のような姿。(体は金色の光の柱と同化してはっきりとはわからなかったけれど。)それは母性そのもので、感じたことがないぐらい安心して思わず涙がこぼれてしまったほど。そして先生がハイヤーセルフに私へのアドバイスを尋ねてくださったとき、私自身の口から出たそのメッセージは想像もしなかったものだったのです。「そのままでいい。容姿も性格もすべて受け入れなさい。そうすればパートナーとも出会える」と。

セッションが終わったときは狐につままれたような感じ。私、自分で作ってない?出来過ぎじゃない?でも考えてみると不思議なー致があったのです。なぜか昔から中世の宗教画が好きだったり、普段は小心者で平和主義なのに、意味のない決まりゃ理不尽さにはどういうわけか熱く反発したり。もうひとつ、セッション中、回廊に囲まれた修道院の中庭に井戸が見えて、「なんで井戸?」と思っていたのですが、後で調べてみたら修道院には本当にたいてい井戸があるんだそうです!私、修道院なんて行ったこともなければ映画を見たこともないはずなのに…。やっぱり私、修道士だったの?!

そしてハイヤーセルフからのメッセージ。「こんな私だけどこれでいいんだ」、そう思えたのはものごころついて以来本当に初めてでした。そう、やっと私は自分を肯定することができたのです。たぶん、誰にどんなに言われても、自分をそのまま受け入れるなんてことはできなかったでしよう。ヒプノセラピーだったから、誰に強制されるわけでもなく、自分の口から出てきた言葉だったから、頑固な私の心でも受け入れることができたのです。(それに自己肯定できなければパートナーにも会えないので、無理やりでも受け入れなくちゃ(笑))とにかく、たかだか小一時間のセッションなのにヒプノ効果は絶大でした。だって長年の心ぐせから抜け出すきっかけをもらえたのですから。

別の人生の感情を追体験する、という経験は他にもいろいろな気づきを与えてくれました。それまでは自分の人生の「中」でしか考えられなかったけれど、たくさんある人生のひとつ、という「外」からの目で見ることができるようになりました。そうか、それぞれの人生の意味や課題は全然違うんだ。ひとつの価値観で他の人の人生と比べたって意味はないんだ。モテるモテないとか、結婚がいつだとか、そんなことは人と比べてもしようがない。大事なことは心の深い部分と向き合い、そこに嘘をつかない生き方をすること。それが幸せなんだと信じられるようになったのです。

それから2ヶ月半、私は異動希望を出していました。仕事の内容が合わない気かしてそれまでも悶々としていたのですが、より興味を持てるのは別の職種かもしれないと気づいたのです。なんだかいつになく「しっくり」来るなぁ、よし、この感覚を信じてみよう!と思い切って上司に希望を話しました。今はその部署には空きがなく、結果がどうなるかはわかりません。でも、どうなっても後悔はしないという確信があります。

こんなふうに自分の感覚を信じて行動を起こせたのは、ヒプノセラピーで自己肯定ができたからだと思うのです。そして、一歩踏み出せたことがまたひとつ自信につながっていきます。そう、あれほど欲しかった自信が少しずつ身についてきているようなのです。でもそれは「私って美人♪」 というものとは少し違っていました。文字通リ、「自分を信じる」という意味での自信です。気づけばもう他人と比べて自分を否定し、卑屈に落ち込むことはなくなっていました。

ヒプノセラピーは魔法のように劇的に現実を変えるわけではないかもしれません。でも少なくとも私の心の有り様は確かに変わりました。今、私は新しいステージに立っているような気がしています。なんだか世界が回り始めたようにさえ感じます。私のように自分でもどうにもならない心ぐせに悩む人にはヒプノセラピーは良い方法だと思います。(全然怖いものでもなかったし^^)最近は悩んだり苦しんだりしている人を見ると、「ヒプノ受けてみればいいのに」と思ってしまうほど。きっと何かその人なりの気づきが得られるはずだから…。

最後に、悩めるあなたへ。悩んで得られることもあるけど、ひとりで悩んでいるだけでは前に進めないこともある。まず一歩。それが始まりです。あなたが変わればきっと周りも変わっていく。
幸せになる覚悟ができたらルポマルディを訪ねてみてください。きっと神田先生が母のように真剣な温かさで迎えてくれることでしょう。ちょうど私に接してくれるのと同じように…。