未来が変わった実例集

恐怖心との別れ  (桐畑恵子 会社員)

  • 「今夜も吐いたらどうしよう」
    20代後半の頃から、夕食をとって約6時間経つと、胃痛で目覚めるという日が何度もありました。
    そのせいで、一日の終わりが怖かったです。いつ、何を食べたら痛くなるのかが分かりませんでしたから。
    母はそんな私を心配し、食事療法を学びに行ってくれたり、自分なりに調べたりしてご飯を用意してくれました。
    母の気遣いが込められた料理は安心して食べられましたが、だからと言って胃痛に襲われないとは限りません。
    一度、やわらかめに茹でてくれたソバで胃痛を起こしたときは、「こんなものででも?」とショックでした。
    胃痛をどう治していたかというと、無理矢理指を突っ込んで、吐く。胃が空になるまで。
    私の人差し指と中指の付け根には、いつも前歯の跡がありました。

    胃痛に悩まされながら激務をこなしていた7年目のある日、突然手が震え出したと思ったら、体が言うことをきかなくなり、退職。その後のただ時間だけが流れていく毎日は、“社会からの落第者”を彷彿とさせました。
    何とかして復帰への糸口をつかみたいと、自己啓発本、心理学に関する本、スピリチュアル系の本を何冊も購入し、1年間読み続けました。
    でも、その頃の私は超ネガティブ思考で、著者と自分を比較して、「どうせ私はあなたのようにはなれません」と自己完結したり、ファッション雑誌を見ても、地味でダサイ私は、お店を遠くから眺めるので精一杯「どうせ私なんて、オシャレで美しい世界はふさわしくありませんので」と思ってしまう始末。
    すでに家にあった本、新たに買った本、あわせて3ケタになりそうなころ急に心が冷め、学生時代からコツコツ集めてきたそれらの本をヒモで縛り、考え直してほどいて●OOK●OFFに持って行き、懐を温めました。

    思い返すと、本を読んでいて浮かんだ感情は「もともと能力が高い人に言われても」。
    勉強もできないし、社会のはみ出し者の私には、あなたたちの言葉はうさん臭い。私に対して発せられた言葉ではなく、あくまでも万人向けなんだし。私がいる場所にその声は届かない。
    「どうせ私なんて、しょせん底辺族。一流の使い捨て要員です」・・・
    当時思ったことを書き上げてみたら、呆れるほど批判根性満載。だからあれだけ読んだ本の内容を全く覚えていないのです。


    手放した本の内容が腑に落ち始めたきっかけは、知人の紹介でルポマルディに出会い、神田さんの施術を受けるようになってからです。神田さんは、デトックスの施術中にまるで読み聞かせのように自分が経験してきた様々な話をしてくれます。それを何度も聞いてきたせいか、この頃、ふと本で読んだ内容を思い出すようになりました。

    つまり、やっと7年前に読んだ本の内容が、腑に落ち始めたのです。つくづく反省しました。結局、私に著者の真意を読み取れる力が足りないのを、人のせいにしていただけなので。お恥ずかしい。

    ちなみに胃痛は、調子に乗って食べ過ぎたときにしか起こらなくなりました。
    病院で精密検査をしてもらっても、原因不明で漠然としたアドバイスしかもらえず、栄養失調になってしまったほどだったのに。これも、神田さんが“正しい努力の仕方”を教えてくれ、“安心感を与えてくれた”おかげです。

    しかしルポマルディを訪れた頃の私は初めから神田さんを信用していた訳ではありません。ヒプノセラピーを2回続けた後、神田さんのすすめでデトックスに切り替えたときも、言われた通りにしたのは、ただ単に「何を信じればいいかが分からなくなっていた」からで不信感を抱きながら施術を受けていたのを思い出します。
    そんな私でしたが、神田さんの熱く、火傷しそうなほどの真剣なまなざしと、慈悲的な思いに触れていくうちに心の氷が少しづつ溶けはじめ、通い始めて4年目にしてやっと「お金だけが目的の人ではない」と痛感し、「信じてもいい人なのかな」と思えるようになりました。

    神田さんのアドバイスと施術を受けるようになって6年目になりますが、現在では、ご飯がおいしいと思えるようになるまで回復。痛いときは味を楽しむ余裕なんてありませんから。
    ついでに批判根性もおさまりつつあり、「これは想定能力だ」と、考えを切り替えられるようにもなりました。
    正しいポジティブ思考のおかげで、何をやっても満たされなかったネガティブ思考時代に比べたら、楽に過ごせています。
    私もそうでしたから言えますけど、世の中には間違った認識のポジティブ思考をしている方が多いですよね。
    お得ですよ正しいやり方は。安上がりな内容で幸せな気分になれますから。

    私は6年間ずっと岐阜から京都まで通 っていますが、その距離が遠いと全く思わないほど、温かいサロンです。
    最後にこのコラムを読んでいるあなたとルポマルディでいつかお会いできることを楽しみに しています。

バックナンバー

今や、無敵! (山田ふゆみ 自営業)

「はっはっはっはっは~、先生オモシロすぎ~」
「はははは~ふゆみちゃん、今のおもろい! めっちゃうけるわ~」

デトックスマッサージをしてもらいながら、私と先生はいつもおもしろトークで盛り上がります。そんな、おもしろく、ワクワクさせてくれるサロン、「ルポ・マルディ」での私の体験をお話しさせて頂きたいと思います。

私とルポマルディとの出会いは友人のこんな言葉からでした。

「ふゆみも知ってる○○さんが、最近、京都にあるデトックスマッサージのお店に大阪からわざわざ通ってるらしいのよ。
そこの先生がめちゃくちゃおもしろい人らしくって、○○さん、そこに行くようになってからものすごくパワーがあふれ出してきてるんやって!ちょうどいいやん!京都やし、一回行ってみたらどう?」「肩こりとか全身のだるさがほんまひどいからな~先生も面白いなら会ってみたいし!行ってみるわ!」おもしろい先生で、おまけに自分自身のパワーがあふれ出してくるマッサージってどんなんやろう!好奇心旺盛な私は早速予約の電話を入れて、そのお店に行ってみることにしました。

ルポ・マルディに到着。
先生に最初に出会った瞬間、不思議なオーラと、包み込むようなやさしい雰図気を感じました。あれ!?聞いてたのとちょうと違う感じやな~すごく穏やかで落ち着いた感じの人やん、おもしろいって感じじゃないよな?なんて思いつつ、さっそく、力ウンセリングしてもらうことに。

ここでの施術はただ単に身体をマッサージするだけではなく、時間と心を込めた『身体と心のカウンセリング』が特徴です。

それまで今までに行った事務的なカウンセリングをする他のサロンとはちょっと違ってました。女性が美しく健康に、元気でいるためには、身体の状態だけに及ばす、心とのバランスがとても大事なのだそうです。なるほどな~身体だけでなく、心と身体のバランスが女性には大事なのか…といっても自分自身は特に大きな悩みもなく、明るく毎日を過ごしているつもりでしたので、私はとくに心の方には問題ないから身体の方をすっきりとさえしてもらえればいいかと思ってたんです。

でも、力ウンセリングの時、先生の優しく包み込むような声でなんでも話していいよといわれたときなぜか、今まで知らず知らずのうちに閉じ込めてきた感情が涙とともにこみ上げてきました。
そうなんです。毎日明るく、何の悩みもなく生きているようにみえていた私ですが、実はいつも周りの人の事ばかりを気にし、みんながうまくいくように、みんなが波風たたないように、嫌なことがあっても私が我慢すればいい…どうせこの環境は変えられっこないんだから、仕方ないと思いながら、生きていたのです。

周りに厳しい人が多かったこともあり、駄目なところを指摘されるたびに、とんどん自信をなくし、言いたいこともうまく表現できず、自分の気持ちをどんどんと自分の内に隠すようになっていってたのでした。今になって思うと、『私はこの程度の人間ではないはずだ!』という思いと、『周りに合わせて無難に生きとくのが一番だって!』という思いとの間でずっと苦しんでいたんだと思います。

でも、いつの間にか、周りにあわせて無難に、今のままでいるのが一番いいんだと、もうひとつの思いの方に蓋をしてしまっていたんですね。でもその自分の本当の思いに蓋をし無視し続けてきた苦しみが、自分の内側、身体の中に影響を及ぼしてきたのです。それが、強烈な肩こりや首や背中の痛み、そして慢性的な全身のだるさとなって現れてきていたのでした。本人は、毎日忙しいし肩こりもひどい体質だから、それがたまって全身のだるさになっているんだと思っていたのですが、本当は心のバランスをくずしているから、身体に影響をおよぼしてきてたんです。ゆみ先生は私にそれを気付かせてくれました。そして、こういってくれたんです。

「もっと自分自身を認めてあげて、まずは自分を幸せにすることを考えて」

目からうろこでした。えっ!いいの?自分のことだけ考えて!!しつけの厳しい家で育った私は、小さいときからしょっちゅう怒られてて、これといった取り得もなく、ほめてもらうこともあまりなかったので、どんどんコンプレックスの塊となっていきました。
なんでもっとみんなが言うようにできないんだうう、なんで誰々みたいになれないんだろうと自分を責めていくうちに、自分はさほどの価値のない人間だと思うようになっていってたようです。

どうせできない、仕方ない、自分が我慢すればいいだけ。周りの人になんと言われるか分からないからきちっとしなければ、ちょっとぐらいの不満があったって他の人から見れば、なんの不自由もない生活をさせてもらってるんだからこれでいいんだ、みんな私に期待しているんだから、その期待にこたえて、もっともっとがんばらないと…?唯一の取り得である明るい、おもしろいキャラクターでいるという期待にもちゃんと応えるように、いつもおもしろいことして、みんなを笑わせないとな…そんなふうに、気がつかないうちに、周りにどう思われるかばかりを考えるようになって、徐々に自分を追い詰めていたようです。だから、身体がいつも叫び声をあげていた。そのことに早く気づけって。でも…ずっと気づけなかった。

そんな私を助けてくれようとした目にみえないなにかに導かれて、私はここ、ルポ・マルディにたどり着いたんだと思います。1回目にそれらのことをすべて受け入れた私は、2回目からは、先生のことをずっと前から知り合いだったような感じで心を許し、なんでも話せるすごく仲のいい友達のようになりました。ゆみ先生は友人が言っていた通りおもしろく、人間としての幅の広さと厚みを持ち合わせたすばらしい女性でした。

なんといっても、キュートでおちゃめなところが私は大好きです。そしてお肌は陶器のようにつるつるです。その上、ゆみ先生の腕はまさにゴッドハンドで、体に触れただけでその人のその日のコンディションが分かるんですよ。そしてその日の体の状態に合わせた施術をしてくださるので、私の身体の調子もとてもよくなってきました。エステシャンとしての腕はいうまでもなく、施術中にしてくれるアドバイスは、私にとって最高の道しるべとなりました。ゆみ先生のアドバイスは、自分自身の人生の経験をおりまぜてのレア度の高い内容なので、面白いわ、勉強になるわで、ほんと時間があっという間にすぎていくんです。あ~今日ももう終わってしまった~来週来るのが待ち遠しい!毎回そんな感じです。

こうして毎週先生のところに通うにつれ、私は大変身!
<スーパー>自分大好き人間へと進化していきました!

先生は、私自身も気づかなかった私の内にある素晴らしい部分もたくさん見出してもくれました。
そうこうして私が、自分自身に自信を持ちはじめたら、エンジンが全開になって、ターボがついたようにパワーが溢れ出してきたのです。

今や、無敵です(笑)毎日が楽しく、ワクワクの生活を送っています。

やっぱりルポマルディは友人が言ってた通りのすばらしいサロンだったんだと自分自身で実証できました。
私はなんでも自分自身で試してみないと気がすまない性格ですから。
ここは間違いのないサロンです.ルポ・マルディをひと言で言うとすると、「自分の内にある本当の自分に気付かせてくれるサロン」だといえるでしょう。

ここはその人本来が持つ本当の美しさや魅力、才能に自分で気っかせてくれるサロンなのです。

今は、私と先生で、お互いの夢ややりたいことについて、毎回楽しくワクワクと語り合っています。先生は時にはおもしろく、時には真剣に語ってくれます。
私がワクワクしながら夢や近況を語る度に、先生は私に言ってくれるんです。

自分なら絶対できる!その夢ええやん!絶対叶うよ!
私もその夢、応援するわ!自分を信じて、情熱もってやり!

なんてすばらしい言葉なんでしょう!その言葉で私の人生は一気に加速しはじめました。ゆみ先生は私の人生のコーチであり、応援団長です。人との出会いでこれほどまでに自分を変化させることができるなんて思いもしませんでした。
最近は、なんと私が!自分の内にある魅力や才能にまだ気付いてない人たちに、先生みたいにエールを贈ってるんですから!驚きです。

自分なら絶対できる!その夢ええやん!絶対叶うよ!
私もその夢、応援するわ!自分を信じて、情熱もってやりっ!てね

そうやってひとりでも多くの人が自分自身の魅力や才能に目覚めて、輝きはじめたら、きっとすばらしい世の中になっていくと思っていますので、これからも人を元気にすることをどんどんやっていきたいと思います。
私もゆみ先生みたいに、「人間を元気にすること!」を生涯かけての仕事とすることに決めましたので!

私はここルポ・マルディにきて、素晴らしい人生の旅をはじめることができました。
今はまだ、旅の途中ですけど、笑ったり、泣いたりしながら、楽しい思い出をいっぱい作りつつ、自分自身が幸せだと思える夢をひとつひとつ叶えていきたいと思います。
ゆみ先生、あの夢がかなった暁には盛大なるパーティーを開きますので、その時はぜひぜひ出席してくださいっ!やりますよ~~!(^^)!